立川いきものデータベース

立川いきものデータベース

みんなでつくろう!「立川いきものデータベース」とは

 立川市は、東京都の西部に位置し、北部には玉川上水、南に多摩川が流れ、中央には国営昭和記念公園を有しています。 JR立川駅は、中央線が東西に走るだけでなく、青梅線や南武線が乗り入れ、改札を出れば南北に走る多摩都市モノレールが市の北部を走る西武拝島線や南の京王線、小田急線とを結んでいて、多摩地域最大の乗降人員数を誇る交通の要所となっています。 市内には国や都の施設も多く建てられており、近年は急激に大型の商業施設が増えるなど、多摩地区の中心として開発が進み、自然環境も大きく変貌を遂げつつあります。

 そのような状況の中で「立川いきものデータベース」は、単なる生物データベースというだけでなく、多くの人たちが自然にふれあう機会やいきものに興味・関心を持ってもらうためのきっかけ作りの一助となることを願って立ち上げられ、「立川市環境対策課」と「ムシムシ探検隊・立川」の恊働事業の一環として「ムシムシ探検隊・立川」が運営しています。

 もちろんこのサイトはみなさんのご協力なくしては成り立ちません。普通に見かける種類の写真でもたくさんの方に送っていただく事でデータが蓄積され、他の年と比べて見かける時期やそのピークに変化があるかどうかなどを知るための貴重なデータとなります。 ありふれた種類の写真でも構いませんので、市内で見つけたいきものの写真をどんどん投稿してください。立川市内で見つけたものの写真であれば、立川市以外の地域に在住の方の投稿も大歓迎です。

 また、同定の間違いなどに気付いたときには、是非メールにてご指摘いただくなど暖かいご指導もお待ちしています。

 未熟な点も多いとは思いますが、みなさんの力で、充実したデータベースにして行きましょう。

 
▲このページの最上部へ